HOME >> 製品案内 >> 自動搬送装置/周辺機器
製品案内

製品案内

自動搬送装置 / 周辺機器

自動搬送ロボット

多関節ロボットシステム
  • 材料のセットと製品の回収を、同じロボットで行う方法が一般的です。
  • ロボットの手動ティーチングにより、動作を簡単に変更することも可能です。
  • ロボットの大きさにより、可搬重量(吸着部を含む)と動作範囲が変わってきます。
  • 使用範囲だけでなく、ロボットの最大稼働範囲を対象に安全対策が必要になってきます。
直交搬送装置
  • オリジナル設計のため、ご要望に応じて搬送機を作成することが出来ます。
  • 吸着部の重量に応じた設計ができるので、大きな材料にも対応が可能です。
  • 吸着パッドだけでなく、弊社独自の吸引装置を使用できるので、通気性がある材料の搬送も可能です。
  • 製品とカスの分離・排出機構など、ご要望の自動化を設計することが出来ます。
 自動搬送機 ①多関節ロボット(弊社製デモ機)
 自動搬送機 ②直交搬送装置(弊社製デモ機)
 
 自動搬送機 ③多関節ロボット(展示会用)

画像位置検出方式による非接触2次元寸法測定装置 画像診断システム GS6040/GS150120

原反巻出し装置
  • ロール原反の形状に応じて、エアーシャフト方式やセンターレスチャックなど最適な保持方式を提案します。
  • 材料のテンションを一定に保つために、ダンサロールやパウダーブレーキなどを採用できます。
  • 材料の巻出し時の蛇行を修正するために、EPC(エッジコントロール)装置も作成しております。。
  • 伸びやすい材料などは、フリーループ方式で巻出しを制御することも可能です。
 
 カス分離巻取り装置
 
  • 抜き加工後の不要なカスを分離して、巻き取る装置になります。
  • 製品とカスの分離のために、分離ローラーやナイフエッジなどを提案できます。
  • 粘着剤が付いたカスの場合は、非粘着ローラーの使用をお勧めします。
  • カスをきれいに巻き取るために、ダンサロールを使用することもあります。
 製品巻取り装置
 
  • 抜き加工後の製品をロールの状態に巻取ることができます。
  • 巻取りのエッジをそろえるために、EPC(エッジコントロール)装置を使用できます。
  • 巻取りのテンションを一定に保つために、ダンサロールを使用することをお勧めします。
 製品積載装置
 
  • ロール原反から抜き加工した製品を、シート状(枚葉)で搬送して積載することができます。
  • シートカッターを追加して、複数回加工毎に分割して搬送することも可能です。
  • 積載のエッジをそろえる装置を追加することも出来ます。
 原反巻出し装置(蛇行修正装置・ダンサロール付き)
 カス分離巻取り装置(ダンサロール付き)
 製品巻取り装置(蛇行修正装置付き)
 製品積載装置