HOME >> 型抜機について
型抜機について

型抜機について

型抜とは

紙・フィルム・フェルト・布帛など比較的に薄い軟材やゴム・発泡品(スポンジ)・プラスチック容器(トレーや簡易弁当箱)各種機能フィルム(PET、偏光・遮光・反射・拡散フィルム)、合板、板紙などの重みのある硬い材などを定められた形状の刃物(一般にはトムソン型又はビク刃型)を使って型抜・切断することです。それに使用される機械を型抜機と呼んでいます。
型抜機で加工された製品の用途は、一般の紙製品、文具から包装材料、弱電用パッキン材、自動車の防音材やエアーバッグ、ファクシミリや携帯電話などの精密小型部、液晶表示ディスプレイに使われる機能フィルム加工など多方面に使われています。


刃型について

型抜用の刃物を一般にトムソン刃型(関東地区ではビク刃型と呼んでいます)と呼び広く使われています。
特に紙器関係に多く使われています。その他の刃物として紙工用に使われている火造刃(タガネ)、袋物、カバン用のスウェーデン鋼刃などがあります。最近のユーザーでは95%以上がトムソン刃を使用しています。
トムソン刃型に使われる刃物メーカーは全国に2社があり、その刃物を使って全国に刃型メーカーがあり、各メーカーが得意市場を持っています。又、最近になって刃物の研究が進みチタン材を使ったもの、化学的処理し刃付けした寸法精度の高い薄い刃物(商品名:ピナクル)も使われています。
加工目的に合わせてご利用ください。坂本造機では刃物、刃型の相談もお受けいたしておりますので、どうぞお問い合わせ下さい。


ハーフカットとは

2層(又は多層)に貼合わせた材料(被加工品)の型抜加工において上層部の部材を型抜し、下層材(紙・フィルム・粘着剤層など)型抜しない型抜をハーフカット(半抜)と呼んでいます。
下層部の材料の厚みは0.01mm(10µm)以上のものが一般的です。弊社機はそのコントロールが可能です。その製品の目的に合わせて有効な加工方法です。


枚葉加工機とロール材加工機とは

弊社機には、枚葉(シート材)とロール材(ロール巻状の材料)用の型抜機があります。
加工材の種類、原材料の状態、加工数量、加工材質などにより型抜機をお選び下さい。


順送型抜加工とは

金属加工用プレス機などではよく知られている型抜方法ですが、わかり易くするために例をとって説明致します。
例えば、絶縁材用のPET(ポリエステルフィルム)などで肉薄のリングパッキングを製作するとします。外径10mm・内径9mm・厚み0.1mmという商品を型抜機を使って型抜するときトムソン刃型(ビク刃)の一体型ですと外径と内径との差が1mmしかなくトムソン刃自身の厚みが一般的に0.7mmあり図1のように
①トムソン刃型の製作が難しい
②可能であっても型抜された商品が刃型内に残ったり又変形してしまう
順送トムソン刃型を利用すると問題が解決します。
(図2)

多数個取り刃型も可能で大変便利です。但し、型抜機に順送装置が必要です。
弊社ですと、QUEEN・PAL500など高精度送り機能付です。複雑な形状の商品作りや厚みのある硬い材質(樹脂板、合板)の型抜にも利用できます。


位置決め型抜加工とは

各種印刷物、フレキシブル印刷基板(FPC)、ディスプレイ材などの機能フィルムなど位置決めをして高精度に型抜する需要が増えています。
弊社では、その要求に応じて型抜機に高精度位置決め装置を装着いたしました。従来は加工品の外形を利用したり、加工品に位置決め用ガイドピン穴をあけ、ピンに加工品の穴部分を挿入して位置決めをしていた為、熟練度が製品の精度を左右し加工能力にも問題がありました。特に最近、製品の加工精度に対する要求が高くなり位置決め型抜需要が増加しています。
弊社機では印刷マークや外周、印刷の特徴、立体画像(3D)なども認識可能で高速に位置決め可能となりました。型抜機と連動してより高い付加価値商品を提供できます。どうぞお試しください。各機種に位置決め装置が装着できます。(APS)
※参考:QUEEN-APS


サーボプレスとは

従来中心であったダブルクランク式型抜機、油圧式型抜機に加えて最近開発したサーボプレスの需要が増えています。
サーボプレスは、型抜部の駆動をサーボモーターを制御して加圧する方式の型抜機です。型抜のスピード、位置、加圧力を任意に設定出来るという利点があり、新素材の試作などが容易に出来る様になりました。
又、サーボモーターとクランクの組み合わせ(SCP型)も可能で多様化した型抜加工に新風を起こしています。
※参考:SCP350B


複合加工機とは

型抜機を中心に前後装置、特にロール材加工において巻き出し装置、ラミネート(貼合せ)、商品取り出し装置、カス巻取り、商品積載装置などを付加した装置を複合機と呼んでいます。
加工品の多様化と省力無人化、クリーンルーム対応とお客様のニーズとウォンツも変化しています。
※参考:位置決め装置付 連続型抜機


周辺機械(機器)について

弊社では型抜き周辺機についても提供させて頂いております。シートカッター、スリッター、ラミネーター、自動寸法測定器、刃型ラックなどがあります。各機について簡単に説明いたします。詳しくはお問い合わせください。

  • シートカッター(SW型、CW型)

    ロール材を枚葉(シート材)に切断加工する機械で、加工材、加工幅などにより加工方式が異なります。加工方式(切断)シャー式、ギロチン式、丸刃移動式などがあり加工材質により選択します。又、加工材送り(供給)方式にもニップロール方式とグリップフィーダー式があり、一般的にはニップロール式ですが加工材の表面にキズなどの発生を防ぐにはグリップ方式をお薦めします。(弊社CW型)

  • スリッター

    ロール材を指定幅にスリットし、再び巻き取りする機械です。材質やスリット幅、加工スピード、加工精度により1軸スリッターと2軸スリッターがあります。

  • ラミネーター

    二種類以上の材料を貼り合せ(ラミネート)するための機械です。各種加工材、粘着テープ(片面、両面)などの貼合せにお使い下さい。

  • 自動寸法測定器(GS型)

    型抜き加工された製品の寸法を測定する機器です。測定したい寸法(部分)をインプットし、被測定材を置きますと自動的に測定し測定値をプリントアウトします。トムソン刃型の刃先測定も可能です。貴社商品に信頼を付加します。

  • 刃型ラック(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ型)

    キャスター付で刃型保管用のラックです。
    軽く簡単に移動できますので型抜機の近くに置きお使いください。標準品で3種あり、特注もお受けいたします。どうぞご用命下さい。